夏も乾燥にはご用心!  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

夏も乾燥にはご用心!

だんだんと暑さが増してきて、いよいよ夏本番といったところですが、

皆さんは夏の肌トラブルといえばどんな事が思い浮かぶでしょうか?

私は、冬だけではなく夏も乾燥が気になります。

夏に乾燥という言葉が真っ先に浮かぶ方は少ないかもしれませんが、

意外と夏も乾燥しやすい要因は揃っているのです。

今回は乾燥をはじめとする夏の肌悩みについて調査します!

 

初夏は肌トラブルが出やすい?

初夏のこの時期の肌は、実は取り扱いがかなり難しいんだとか。

顔がベタついたり、毛穴が開いたりというオイリー肌の悩みが増す一方で、

キメが乱れて肌の凹凸やくすみが目立つといった乾燥肌のトラブルも混在するからです。

気温が上昇するにつれて、皮脂の分泌量が多くなります。

そこで毛穴の詰まりやベタつきが気になるからとゴシゴシ洗いすぎたり、

さっぱりしすぎるケアですませてしまい、

表面の油分を取り除くことだけ気を取られると、

保湿がおろそかになってさらに乾燥を招いてしまいます。

肌が乾燥すると角層のターンオーバーも乱れてしまって、

毛穴詰まりやキメのあれが悪化。その結果、くすみ肌の原因にもなってしまうのです。

 

夏の乾燥の要因

夏の乾燥には気温の上昇だけではなく、いくつかの要因があるようです。

どういったものがあるのでしょうか?

 

大量に汗をかくことで潤いも流出

夏のような暑さを感じると、からだはたくさん汗をかいて身体を冷やそうとします。

汗をかくことは体温調節をする上では、欠かすことのできない大切なことですが、

近年のような酷暑の場合、汗の量は増加し健やかな肌を構築する成分までもが

汗と一緒に流出してしまうので、肌は乾燥し砂漠状態になってしまうんだとか。

その結果、お肌が乾燥し、ざらつきを感じやすくなります。

 

冷房による冷え

肌の状態は外部環境の影響も受けます。

空気中の水分が少なかったり、気温が低かったりする環境では、肌も乾燥しやすくなります。

冷房によって送られる風は水分を蒸発させ、空気を乾燥させます。

そのためお肌のうるおいも結果的に奪ってしまうのです。

さらに、冷房の効いた部屋で長時間過ごすと、身体は冷えていきます。

そこに冷たい飲み物や食べ物が加わると、

身体は芯から冷えてしまい血行不良気味になり、乾燥が加速してしまうのです。

 

紫外線

過度に紫外線を浴びてしまうと肌のバリア機能が低下。

バリア機能が低下した肌はとても無防備で、刺激を受けやすい状態のため、

皮膚の内部に紫外線がたやすく侵入してしまい、

肌状態が悪化することで乾燥が進んでしまうんだとか。

また、肌はバリア機能が失われると、角質をため込んで自らを守ろうとする機能が働きます。

その結果、スキンケアの浸透が悪くなるので、より肌の乾燥が進むことになってしまいます。

 

夏バテによる栄養不足

夏は暑さによって食欲が減退しがちになりますよね。

そのため、アイスクリームやジュースなど、口当たりの良い冷たいものばかり食べて、

きちんとした食事をとらない人も少なくないと思います。

食事量が減ると、たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルといった

キープしておきたい栄養素までも減ってしまい、肌を健全に保つことが難しくなってしまいます。

 

夏の乾燥を防ぐには

夏の乾燥にも、出来るだけ気を遣って、お肌を乾燥させる機会を減らしたいですよね。

そのために出来ることをご紹介します。

 

紫外線対策を念入りに

やはり、紫外線対策は美肌のための第一歩。

乾燥の原因となる紫外線から肌を守るために、日中はこまめに日焼け止めを塗って過ごしましょう。

また、朝日焼け止めを塗ったからといって安心せずに何度か塗り直すようにしてください。

どんなに強力な日焼け止めであっても、効果は時間が経つごとに徐々に薄れてしまいますし、

活動しているうちに汗などで落ちてしまう可能性があるからです。

そのほか、紫外線を直接浴びることを防ぐため、日傘や帽子、

サングラスといった紫外線カット効果のあるアイテムを使うのもおすすめです。

 

徹底的に保湿をする!

夏はお肌がべたつくのが苦手で、さっぱりした化粧水でケアを済ませてしまうなど、

乾燥対策がおろそかになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、基本の保湿ケアを徹底することも、肌の乾燥を防ぐためには大切です。

夏は紫外線のダメージや冷房による乾燥で肌はカラカラに..。

化粧水・乳液といった基本のケアに加え、特に乾燥が気になる人は、

夏の肌のお手入れにも、保湿美容液や、クリームを取り入れるのも良いでしょう。

 

冷房の風に注意

暑い夏は冷房をつけっぱなしにしてしまうことも少なくないですが、

冷房の風に直接当たると、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

冷房を使うときは、直接、風の当たらない場所にいるようにしましょう。

また、冷房をつけるときは、部屋の空気がどうしても乾燥します。

その場合、加湿器などを使い、部屋の湿度を調整することも乾燥対策には必要となってきます。

 

まとめ

冬の乾燥とは違った様々な理由で、夏の肌も乾燥してしまっていることが分かりました。

うるおいが失われる要因は日常生活の中にも多く潜んでいるので、

すこしでも乾燥に気を付けながら過ごすことで、お肌のうるおいを保っていきたいですね。

乾燥は美肌の大敵なので、夏も乾燥対策には力を入れていきましょう!

 

 

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

【特別割引きSALE】ラクシオンコンシーラー3080...

一覧

【お知らせ】ラクシオンインスタントカモフラージュ50...

関連記事

老けて見える、首のポツポツは何者??

新たなスキンケア 「スキニマリズム」

【キャンペーン】ヒューマナノプラセンソープ10%OFF送料無料

【キャンペーン】ヒューマナノプラセンソープ10%OF...