シワの原因と今からできる対処法  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

シワの原因と今からできる対処法

 

女性の大敵である「シワ」ですが、

何とかしてシワを増やさず若々しい姿でいたいと

女性なら誰しも思っている「永遠のテーマ」ですよね。

皆さんも、シワ対策として日々色々なケアをされていると思いますが、

正しいケアを出来ているでしょうか?

もう一度シワのメカニズムと対処法について考えてみましょう。

 

シワの原因

光老化

太陽光線を長期間、無防備に浴びると肌の光老化がおこります。

肌の光老化は、年齢を重ねて生じる自然の老化とは異なるもので、

肌の色がくすんできたり、ハリがなくなってきて、シミ、しわ、たるみとして現れ、

さらには皮膚がんが生じることもあるのです。

こういった理由から、美しい肌の最大の敵は加齢ではなく紫外線だといわれています。

最近までシミ・シワ・たるみは「しょうがない」と思われてきましたが、

それは「大きな勘違い」です。

なんと肌の老化の80%は紫外線ダメージによる老化「光老化」でした。

光老化がシミ、くすみ、小じわ…肌に起きてくるトラブルを引き起こします。

そしてこの80%の老化は予防とある程度の修復が可能なのです。

 

光老化による肌ダメージ

紫外線を浴びすぎるとメラニン生成が過剰になったり、

一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなり、シミの原因となります。

また本来、真皮ではコラーゲンとエラスチンが張りめぐらされ、

肌はピンと張り、弾力が保たれています。

しかし、紫外線によってコラーゲンやエラスチンがダメージを受けると

肌のハリを保てなくなり、しわやたるみが発生することになります。

光老化を防ぐためには、ビタミンC・E、ベータカロチン、フラーレンなどの

抗酸化作用のある成分が配合された化粧品でスキンケアをすることが有効です!

 

肌を美しく保つために必要な成分

ビタミンA

みずみずしい子供の肌にはビタミンAが満ちあふれています。

紫外線と活性酸素で皮膚細胞にダメージがおこると

ビタミンAが皮膚細胞の再生を促して健全な状態に戻します。

しかし再生作業を繰り返すとビタミンAは次第に少なくなってしまいます。

紫外線によって減少する以上にビタミンAを補給することによって老化肌の正常化がおこり、

正常になっただけで若返った感じを実感することができます。

ビタミンAは体の内側と外側から補給します。

内側からの補給方法はビタミンAを豊富に含む食品(ニンジン、ホウレン草など)や

サプリメントなどがあります。

外側からの補給には、ビタミンAを配合したスキンケア製品を使います。

口から補給されたビタミンAは肌に到達するまでには時間がかかり、

肌に届く量は摂取した量よりも少なくなってしまいます。

そのため、ビタミンAを肌に補給する方法としては、

ビタミンA配合のスキンケア製品でのケアが効果的です。

ビタミンC

抗酸化作用・メラニン生成抑制効果があります。

メラニン生成を抑制することはシミの改善効果があります。

コラーゲンの生成にも欠かせない成分ですので、

ビタミンCを十分に摂らない事がシワやタルミの原因にもなるとも言えます。

ストレスを感じた時にはビタミンCが多く消費されますので、

ストレス社会のいまは常に意識して補給したい成分です。

喫煙でも大量に消費されるので十分な補給が必要です。

ビタミンB2

年齢に負けない美肌ケアとして活躍し、皮膚の健康維持を助けるのがビタミンB2です。

年齢とともに気になってくる肌ダメージの原因の一つにターンオーバーの乱れがあります。

肌の生まれ変わるサイクルが加齢により長くなると、はがれ落ちるはずの古い角質が溜まり、

さまざまな肌トラブルを感じやすくなります。

このターンオーバーをできるだけ規則正しく保つサポートとなるのが

細胞のうまれかわりに関わるビタミンB2

「美容のビタミン」と呼ばれる理由でもあります。

化粧品など外からのエイジングケアとあわせて、

ビタミンB2でインナー美容を始めてみてください。

 

シワ予防法

日常生活で予防できること

顔の中でも目もとは動きの激しい部分。

瞬きの回数も多く、目をこするクセのある人もいます。

そもそも目もとの皮膚は薄くデリケートなため、

負担がかかりやすいのが特徴で、シワもできやすい部位です。

そこに笑いすぎてシワができることもあります。

笑うと目が細くなり周りの皮膚を引っ張るなど形状を変えてしまうので、

シワができやすくなるのです。

こするクセのある人は、できる限り擦らないように気をつけましょう。

また、濃いアイメイクをして落とすときに、こすっておとすのはタブーです。

クレンジングでそっと落とす心がけをしてみてください。

紫外線ケア

紫外線は肌トラブルのほとんどに関わってくるほど悪影響があります。

紫外線は肌を乾燥させるだけでなく、酸化や糖化にも関係し、

肌をくすませたり、シワやたるみをつくったりするのです。

また、紫外線は量や強弱の差はあっても一年中降り注いでいます。

常に紫外線防止の心構えが大切です。

必ず紫外線防止効果のあるコスメを使うことが必須です。

時間が経ったり、汗をかいたら塗り替えることが大切になってきます。

そして、日傘をさしたり、紫外線防止カットのある衣料を着たりするなど、

一年中気をつけることが肌のためには重要です。

スキンケアの重要性

女性がスキンケアをしないということはないはずですが、シワが気になるようなら、

早めに丁寧なエイジングケアのお手入れすることが大切です。

手と首は年齢を表すと聞いて、それまで首のお手入れをしなかった人が、

「丁寧にスキンケアするようになったらシワが目立たなくなり、

深いVネックの服も自信を持ってきることができるようになった!」という実話があります。

肌をいたわるように優しく丁寧なスキンケアをすれば、

肌年齢を遅らせることができるというのは事実です。

さらに、乾燥や加齢のために有効な成分を配合したコスメでお手入れすればより効果的です。

自分の肌と毎日会話しながら、その日にあったケアを心がけましょう。

 

まとめ

5年後、10年後、15年後の自分の肌の状態を決めるのは、

今の自分の心掛け次第なんですね。

うっかり日焼けしてしまったり、

時間が無くてスキンケアが雑になってしまっているという方は、

日々のそういった行動の積み重ねが10年後の肌を作ると心得て、

少しでもお肌にやさしくケアすることを心掛けてみてはいかがでしょうか?

美肌は毎日の心掛けが大切です。

 

猫背

一覧

【お知らせ】沖縄への商品出荷について

関連記事

あなたも「腸活」してみませんか?

【お知らせ】建て替え工事の為、9/19(日)終日お電話が不通となります。

【お知らせ】建て替え工事の為、9/19(日)終日お電...

【お知らせ】沖縄への商品出荷について

【お知らせ】沖縄への商品出荷について