綺麗は内側から  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

綺麗は内側から

 

このコラムを読んでくださっている、美容に関心のある方なら

自分に合った化粧品を使って外側からのお肌のケアは万全!という方も多いかもしれません。

もちろんお肌を美容液、化粧水、乳液、クリームなどで日々ケアをすることはとても大事です。

しかし、体の内側からのケアはいかがですか?

美の為には内側からのケアは必要不可欠なのです。

今から体の内側からのケアを見直してみませんか?

 

お肌に栄養が足りていないとどうなる?

肌に栄養が行き届いていないと、様々な肌トラブルが起きやすくなります。

どういったトラブルが起きるのでしょうか?ここでは主なものをご紹介します。

 

吹き出物ができやすくなる

吹き出物の原因は、ホルモンの影響等で毛穴に皮脂が溜まり、炎症を起こしてしまうことなんだとか。

毛穴に皮脂が溜まっただけでは吹き出物にはなりませんが、

その皮脂が酸化、炎症を起こしたり、細菌などが侵入してしまった結果、膿を含む吹き出物になってしまいます。

そのため、基本的な栄養バランスを整えることが最も大切ですが、

皮脂の酸化を防ぐための抗酸化物質や、ターンオーバーを助ける栄養素も役に立ちます。

 

ハリが無くなる

肌のハリは、皮膚内部の水分量が大きく関係しています。

皮膚内部には、水分を溜めこむスポンジのような役割をするヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、ムコ多糖があり、

これらが紫外線や栄養不足などの原因で減少してしまうと、肌内水分を保持できなくなってしまいます。

そのため、これらの材料になる栄養素やこれらを作るために 不可欠な栄養素の補給が必要となります。

 

シワが目立つようになる

シワは肌のハリに関係しており、皮膚内部の水分の減少やコラーゲン、エラスチンの減少、

また、土台となる骨の減少などによって皮膚の表面が弛んでしまうことが原因とされています。

シワを予防するためには、皮膚内水分を増やし、コラーゲンやエラスチンを作る栄養素、そして顔骨の骨粗鬆症予防が重要です。

コラーゲンを食べても、そのまま肌のコラーゲンにはならないため、肌内のコラーゲンを増やすためには、

その素となるアミノ酸を一緒にバランス良く取ることが重要です。

 

クマが取れにくくなる

目の下のクマは血液の流れが悪いことが原因の一つとされています。

目の周りの皮膚はとても薄いため、血液の流れが顕著に現れ易くなります。

生活リズムを整え、血の巡りを助ける栄養素の不足を補うことにより、

クマだけでなく、肩こり、頭痛、疲れやすい、だるいなどの症状にも効果が期待できます。

 

美容の為に取るべき栄養素

お肌の栄養不足にならないために取るべき食材と含まれる栄養素をご紹介します。

肌荒れ対策

ビタミンB2…皮脂のバランスを調整し、皮膚や粘膜の健康を維持します。

含まれる食材:レバー・カマンベールチーズ・うなぎ・アーモンド・たまご・のり・納豆 など

ビタミンB₆…肌のターンオーバーのリズムを改善します。

含まれる食材:レバー・豚肉・いわし・まぐろ・セロリ・たまご・大豆 など

 

ハリを取り戻す

タンパク質…肌細胞やコラーゲンをつくる素となり、肌代謝を促す

含まれる食材:肉類・魚類・大豆類・たまご・乳製品 など

 

シワを防ぐ

ビタミンA … 肌の乾燥や色素沈着を防ぎ、粘膜の健康状態を正常に保つ

含まれる食材:レバー・うなぎ・ニンジン・ほうれん草・かぼちゃ・パセリ・しそ など

ビタミンE… 紫外線などの酸化ストレスから肌を守る。血行を促進する

含まれる食材:アーモンド・ツナ缶・たらこ・アボカド・うなぎ・いくら・大根 など

 

クマを改善する

鉄分… 血流を改善し、くすみやクマを防ぐ

含まれる食材:高野豆腐・ひじき・あさり・昆布・小松菜・まぐろの赤身 など

 

お肌におススメ料理

美味しく食べられて、且つお肌に良い食べ方をご紹介します。

 

ステーキとビタミンC豊富な野菜

赤身肉には、タンパク質・鉄・ビタミンB1という肌に必要な栄養分がたっぷり含まれています。

牛肉には、体内への吸収率が高いヘム鉄が含まれています。

鉄分は、ビタミンCと一緒に摂ることで、さらに吸収率がアップするので、

付け合せにブロッコリーやじゃがいもなどを一緒に食べるのがおすすめです。

 

鮭ときのこのホイル焼

鮭に含まれるアスタキサンチンは、紫外線によって発生する活性酸素を消去するはたらきを持っています。

また、DMAEという成分も肌のハリやたるみに効果的です。

身の部分にはタンパク質、鮭の皮にはコラーゲンも含まれています。

食物繊維たっぷりのキノコや野菜を一緒に摂って、美味しく肌の老化を予防しましょう。

 

セロリと大根ときゅうりの浅漬け

普段作る浅漬けにセロリ、大根、きゅうりといった野菜を合わせることで栄養価がアップします!

ビタミンCやβカロテンなどの抗酸化ビタミンを含む野菜を組み合わせると

さらに肌荒れに効果的です◎

 

まとめ

最近肌のくすみが気になったり、肌荒れが目立つと感じている方、

お肌のハリが失われてきたと感じている方は食事でお肌に栄養が送られていない可能性があります。

「見た目の変化は内側から」と心得て、食生活を改善してみることも美への第一歩となるかもしれません!

 

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

自律神経について

一覧

【キャンペーン】ヒューマナノプラセンソープ10%OF...

関連記事

老けて見える、首のポツポツは何者??

新たなスキンケア 「スキニマリズム」

【キャンペーン】ヒューマナノプラセンソープ10%OFF送料無料

【キャンペーン】ヒューマナノプラセンソープ10%OF...