肌のターンオーバー  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

肌のターンオーバー

皆さんは肌のターンオーバーの大切さをご存じですか?

肌のターンオーバーという言葉は、よく耳にする言葉かと思いますが、

実際に私たちの肌で何が起こっているのかは知らないという方が多いかもしれません。

私たちの肌の細胞は、常に生まれ変わっています。この肌の生まれ変わりを「ターンオーバー」と呼びます。
美しい肌を保つためには、ターンオーバーが正常に行われることがとても重要です。しかし、加齢や生活の乱れ、間違ったスキンケアなどによってターンオーバーの周期が乱れることがあります。つまり、ターンオーバーとは美肌づくりの要となるものなのです。今回はそんな、肌のターンオーバーについてご紹介していきます。

ターンオーバーのメカニズム

肌の美しさを左右するターンオーバー。

そのメカニズムを知っておくことは、肌の仕組みを知ることにもなり、

いつまでも若々しく美しい肌を実現するために役立ちます。

まずは、皮膚の構造とメカニズムを見ていきましょう。

皮膚は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層から成り立っています。

表皮は外的刺激から体を守る働きをしています。

真皮はコラーゲン繊維やエラスチンなどから構成され、表皮を支えています。

皮下組織は脂肪などを蓄え、外からの力や刺激から体を守るクッション役を果たしています。

ターンオーバーの周期

このターンオーバーの周期は部位により異なります。

皮膚の厚さや血行などが関係しており、顔はほかの部位より早く、一般的に理想は28日。
基底層から顆粒層までが14日、
角質細胞となって剥がれ落ちるまで14日が目安となっています。
ほかの部位、例えばカカトなどは遅く、顔の肌の約2~3倍かかるとも言われています。

ターンオーバーの周期は遅すぎても、早すぎてもよくありません。遅くなるということはいつまでも古い角質が肌に残ることで、

角層がゴワゴワ厚くなっていく「角質肥厚」を起こします。

一方、早すぎる場合は、肌細胞が未熟なまま上に押し上げられ、正常な角化が行われないことがあります。

結果、正常な角化が行われず、

NMF(天然保湿因子)や角質間細胞間脂質などの保湿因子も十分に作られない、

水分保持力がない乾燥肌や外刺激に弱い敏感肌になってしまいます。

また、ターンオーバーの周期は年齢を重ねるにつれて遅くなります。

個人差もありますが、40代になると40日以上かかるともいわれています。

シミが目立ちやすくなったり、肌の傷の治りが遅くなるのは、ターンオーバーの周期が遅くなるためです。

なお、ターンオーバーの遅れによる角質肥厚は、肌の乾燥、くすみなどの肌トラブルにつながります。

つまり美肌のためには、年齢を重ねても、

できるだけターンオーバーの周期を遅らせずに、正常に働かせることが大切になります。

ターンオーバーが乱れる原因

肌のターンオーバーが正常化に行われていることが「美肌づくりの要」ですが、

その働きや周期を乱してしまう原因はなんなのでしょうか?

実は、それは日々の生活習慣にあります。

間違ったスキンケア

メイクがきちんと落とし切れていないと、その小さな積み重ねが原因で、

本来剥がれるべき角質細胞が肌にとどまり、角質肥厚を起こすことがあります。

また、タオルでゴシゴシ擦るのもよくありません。

摩擦の刺激により、防衛力を高めようと角質を強化しようと肥厚していきます。

一方で洗い過ぎや自己流のピーリングも問題です。

刺激の強い洗浄成分やピーリング剤により角質を必要以上にとってしまうと、

そこを修復しようとターンオーバーを早めすぎてしまう可能性があります。

特にピーリングを行う場合は、

皮膚科などの専門家に相談し肌の状態を確認したうえで、正しく行うことが大切になります。

紫外線による影響

強い紫外線(UVB)に当たると、肌が赤くなる軽い火傷状態のサンバーンを引き起こします。

また、たとえ日常の弱い紫外線(UVA)であっても、

長期に渡って浴び続けることで、真皮のハリや弾力に関わる線維芽細胞が損傷されていきます。

こうした肌へのダメージもターンオーバーを乱す大きな原因です。

細胞がダメージを受けると、修復しようとしてターンオーバーを早めてしまいます。

そして、紫外線から肌を守るために角質を厚くしてしまいます。

なお、紫外線により再生されたメラニンは、本来はターンオーバーとともに排出されますが、

ターンオーバーが乱れて表皮に留まると、メラニン色素がシミとなって沈着してしまいます。

生活習慣による影響

肌のターンオーバーの正常化を阻害する、

大きな原因は生活習慣にも潜んでいます。

睡眠は脳や体を安息させるだけでなく、皮膚や内臓を修復する時間でもあります。

肌のターンオーバーに欠かせない、成長ホルモンが分泌されるのも睡眠中です。

つまり睡眠不足は、ターンオーバーを乱す元凶となってしまうのです。

また、栄養バランスのいい食事はターンオーバーを整えるためには必須です。

特に皮膚の元になるたんぱく質を摂らないと、肌の不調を引き起こします。

また、たんぱく質を上手に吸収するためのビタミンやミネラルも必要です。

肉、魚、乳製品、卵などと、野菜や海草、キノコ類などをバランスよく摂取することが大切です。

喫煙や過度な飲酒も、血液循環や代謝機能に影響を与えることで、

ターンオーバーの乱れにつながり、肌荒れや老化肌を促進する大きな要因です。

ターンオーバーを正常化するための方法

日々の生活習慣で、ターンオーバーを正常化することができます。

意識して実践すべき事柄をご紹介しましょう。

正しい洗顔

やはり、正しいスキンケアは、ターンオーバーを整えるために重要な要素となってきます。

1日に何度も洗う、こすり過ぎ、熱い湯での洗顔は、

角質や肌を保護するために必要な皮脂をとり過ぎてしまいます。

結果的にターンオーバーを乱す大きな原因に。

洗浄力が強すぎる洗顔料は使用せず、

よく泡立ててから肌にのせ、やさしく洗うようにしましょう。

そしてぬるま湯で泡をしっかりと洗い流し、タオルでふくときは、押さえるようにして、

決してゴシゴシ擦らないようにしましょう。

洗顔後は、化粧水で十分な保湿を行い、乳液やクリームなどの油分で肌表面の保護を行いましょう。

毎日の正しいスキンケアで肌の保水力を高めることが、

結果的に、ターンオーバーを整えることにつながります。

紫外線対策

紫外線も肌へダメージを与え、ターンオーバーを乱す外的要因であるとされています。

紫外線ダメージは肌老化の約8割を占めると言われているほど、

紫外線による肌への影響は大きいです。

UVは1年を通して降り注いでいるので1年中対策が必要です。

日焼け止めを塗ったり、日差しが強い時期には、帽子や日傘などを利用するのもいいでしょう。

生活習慣の改善

特に重要なのが睡眠です。理想的な睡眠時間は6時間以上、

かつ成長ホルモンが分泌されやすい22時~深夜2時の間に十分な睡眠時間を確保したいものです。

肌の新陳代謝は寝ている間に行われるということを忘れないようにしましょう。

また、暴飲暴食を避け、栄養バランスのよい食事、ストレスを溜めこない生活が、

ターンオーバーを整えるために大切です。

喫煙や過度な飲酒も控えましょう。

小さな積み重ねが、ターンオーバーのサイクルの低下を防ぎ、

将来にわたって美肌を維持してくれます。

まとめ

肌のターンオーバーは私たちの肌を美肌に導く上で、

重要な役割を果たしているという事が分かりました。

スキンケア・生活習慣・紫外線対策を意識していくことで、

肌のターンオーバーを正常にし、美肌を手に入れたいですね!

 

 

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

夏の終わりの肌ケア

一覧

イザヴェル毛穴川柳コンテスト

関連記事

ネコモチーフ雑貨がお得(=^・・^=)ネコマニア大感...

蔵元の雫とサステナブル

【キャンペーンは終了しました】Instagram&X...