夏の終わりの肌ケア  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

夏の終わりの肌ケア

まだまだ暑い日が続いていますが、

8月も下旬となり、だんだんと夏の終わりに近づいていっています。

夏の肌は、紫外線対策をしていてもダメージを受けてしまっています。

夏のダメージを出来る限りお肌に蓄積させないよう、

この時期にやるべき事をご紹介していきます。

夏に肌がダメージを受ける要因

紫外線

肌の表面には皮膚のバリア機能が備わっています。

皮膚のバリア機能には、外部刺激から身体を守り、肌の水分を保つなどの役割があるのです。

ところが、紫外線を過度に浴びると、皮膚のバリア機能が低下しやすくなります。

その結果、皮膚の水分を保持できなくなり、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

肌が乾燥するとうるおいを守ろうと皮脂が余分に分泌され、

ニキビになる可能性が高くなります。

また、紫外線によるダメージは、肌荒れだけではなくシミやそばかす、

しわ、たるみなどの肌トラブルにつながるため、夏場は入念に紫外線対策をする必要があります!

冷房

冷房の効いた部屋は、湿度も下がっている可能性が高いです。

蒸し暑い夏は冷房の部屋が心地よく感じますが、湿度が低下しているため、

皮膚のうるおいが奪われて、肌が乾燥しやすくなります。

また、体が冷えて血行不良になると、肌の新陳代謝も悪くなってしまいます。

夏は冷房が効き過ぎている施設も多い為、

外出時には体を冷やさないようにカーディガンなどを持ち歩くのがおすすめです。

間違ったスキンケア

湿気によって肌がベタベタしやすい夏の時期は、

化粧水だけつけて乳液やクリームは省くという方もいるのではないでしょうか。

しかし、化粧水や美容液などの水分だけでは、時間が経つにつれてうるおいが失われていきます。

乳液やクリームは水分が逃げないよう肌にフタをする役割を担っているため、

夏でも使うようにしましょう。

また、洗顔の際にも注意が必要です。

夏は肌のベタつきを落とそうと、洗浄力の高い洗顔料を使ったり、

何度も洗顔したりしがちですが、それは肌に必要なうるおいや皮膚のバリア機能に

悪影響を与えてしまうことがあります。

洗い方や拭き方もゴシゴシと強く肌をこするのは控えましょう。

摩擦がバリア機能を壊してしまい、肌の乾燥を招いてしまう原因となります。

洗顔後はタオルを肌に軽く押し当てるようにして、水分を吸わせましょう。

夏に起こりがちな肌トラブル

毛穴

夏の肌は皮脂や汗が多く分泌され、押し広げられた毛穴が目立ってしまいがちです。

また、皮脂や汗によって一見うるおっているよう感じられますが、実は肌の内側はカラカラ状態。

乾いて固くなった肌は柔軟性を失うため、一度開いた毛穴が元に戻らず開いたままとなり、

毛穴が目立って見えてしまうのです。

さらに紫外線を浴び続けたことで、肌のハリの元となる弾力線維にも影響が…。

ハリを失った肌に起こる毛穴開きは、ゆるんで涙型の毛穴となって目立ってしまいます。

乾燥トラブル

夏の間に浴びた紫外線ダメージや、エアコンによる室内と外気温、

湿度の急激な変化などが原因で乾燥が深刻化。

また、秋になり気温や湿度が低下するにつれ、

肌のバリア機能や保湿機能が低下しやすくなり皮脂膜がうまく形成されなくなることも、

乾燥を招く原因となります。

日焼け

紫外線を浴びると肌が黒くなるのは、メラニンが過剰に生成されるためです。

メラニンがスムーズに排出されず蓄積されてしまうと、シミとなって悩みの原因になってしまいます。

夏は気をつけてはいても、紫外線がいたるところから降り注いでいる為、

夏の終わりのケアが必要になります。

夏のダメージを修復するために

では、夏に受けた肌ダメージを修復する為にはどうすれば良いのでしょうか?

ここでご紹介していきます。

毛穴におススメのお手入れ

皮脂が多いと毛穴の開きの原因になってしまいます。

皮脂と水分のバランスを整えつつ、

肌にうるおいとハリをもたらすようなスキンケアアイテムでお手入れしましょう。

肌に柔軟性をもたらすことで、

毛穴が目立たないほどのつるんとしたなめらか肌が手に入ります。

乾燥肌におススメのお手入れ

うるおいを与えてもすぐ乾く、物足りなさを感じる、

ということが気になるようであれば要注意です。

そんな肌には、何よりもうるおいで肌を満たすことが大切です。

肌をうるおいで満たすためには、うるおいが行き届きやすい肌に整えるケアがおすすめです。

普段使っている化粧水は変えたくないという方は、

いつものお手入れはそのままに、

1品プラスすることでさらにうるおい集中ケアを実現できるアイテムを上手に取り入れてみましょう!

日焼けにおススメのお手入れ

紫外線を浴びると、メラニンは、約3日程度で定着し始めると言われています。

メラニンがシミに変わるその前にスピーティーに美白ケアを取り入れることが大切です。

紫外線ダメージを肌に蓄積させないように、

できるだけ早く美白有効成分を肌に届ける集中ケアを行いましょう。

メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果のある化粧水で肌にたっぷりうるおいを与えたあと、

肌を密封し美容成分を角層深くまでしっかり浸透させられる美白パックでスペシャルケアを行えば、

クリアな肌をキープできます。

まとめ

夏に起こりがちな肌ダメージと、その修復方法についてお分かり頂けましたでしょうか?

夏の肌ダメージはいくつかの要因があり、

受けてしまったダメージをそのままにしておくとシミ・シワの原因になってしまいます。

今回おススメした内容を実践して、肌トラブルを秋まで引きずらないようにしていきましょう。

今の頑張りが今後の肌に影響していきます!!

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

年末年始休業につきまして

一覧

肌のターンオーバー

関連記事

知っておきたい スキンケア手順の基本とその効果

始めるなら今!【蔵元の雫】【ヒューマナノ】のスタート...

日焼けするとどうなる?影響と予防・アフターケア方法