ツルツル髪に保つための髪の毛ケア方法♪  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

  • TOP
  • 新着情報
  • ツルツル髪に保つための髪の毛ケア方法♪

ツルツル髪に保つための髪の毛ケア方法♪

夏にダメージを受けた髪の毛、更に季節の変わり目で抜け毛も気になるなんて方はいらっしゃいませんか?

実際、人間の髪の毛は夏の紫外線で秋の初めごろにはかなりダメージを受けた状態になってしまいます。

また、秋という季節は徐々に気温が下がり始め、髪の毛が生え変わる時期でもあるので、

髪がパサパサ・量も少し減って扱いづらくなった。という方も多いかもしれません。

今回は、そんな髪の毛が弱りやすい今の時期にどんなケアがおススメなのかご紹介していきます!

なぜ髪の毛はパサパサに?

髪がダメージを受けてパサついてしまうのには、いくつか要因があります。

ここでご紹介していくのでダメージの原因を少しでも取り除いていきましょう!

紫外線の影響

紫外線は皮膚だけでなく髪にも影響があります

髪はタンパク質でできているのですが、髪が紫外線を浴びると吸収し、アミノ酸が酸化して別の物質に変わってしまいます。

これをタンパク変性と言います。

それにより、ダメージが起こり損傷の原因となります。

特に外にいる時間が長いと、パサついたり明るくなったりするのは紫外線の影響があるから。

紫外線で酸化した髪は、髪を保護するキューティクルが剥がれやすくなり、乾燥・パサつきの原因になります。

乾燥した状態をそのままにしておくと、それが次は切れ毛や枝毛のダメージヘアの要因にもなるので注意が必要です!

髪が濡れたまま就寝する

濡れた髪は、少しのことでダメージを受けてしまうほど敏感な状態です。

その為、この状態で寝てしまうと枕と擦れることでキューティクルが剥がれたり、

髪が折れ曲がったりしてクセ毛の原因となってしまいます。

その他、頭皮やカバーに雑菌が増殖しやすい状態になり、髪に大きなダメージを与えてしまいます。

髪の毛をしっかりと乾かせば防ぐことが出来るので、髪の毛を乾かし忘れないようにしましょう。

カラーやパーマによる痛み

カラーやパーマをする際に傷んでしまうのは、

使用している薬品に含まれているアルカリ性が髪の毛にダメージを与えてしまうからなのです。

アルカリ性の薬品を髪に塗布することで、髪の毛の表面にあるキューティクルを開かせる役割があります。

キューティクルを開くというのは、髪の毛の組織を壊しているということなんです。

繰り返し、カラーやパーマをすることで何度もアルカリの薬剤を重ねてしまう事となります。

その結果ダメージをドンドン蓄積させることになるのです。

薬剤も進化しているので、以前よりはダメージが少なくなっていますが、

短期間に何度も繰り返しカラーやパーマをしてしまうと、ダメージが深刻になってきてしまいます。

髪をツヤツヤに保つには?

髪がダメージを受ける原因については、前項で挙げたことが主な理由になるのが分かりました。

それを元に、ツヤツヤな髪を保つには何をすべきなのかご紹介致します。

シャンプー前にブラッシングをする

毎日のシャンプー前には、乾いた状態でブラッシングをすることもポイントです。

シャンプーの際に濡れると髪は絡まりやすくなってしまいます。

事前に目の粗いブラシや手ぐしで、髪のもつれを解いておきましょう。

ブラッシングをしていて髪が引っ掛かった場合は、無理矢理通そうとせず、一度ブラシを抜くことも大切です。

毛先から少しずつ絡まりを解いていけば、髪や頭皮への負担もなくダメージも少なくて済みます。

それでも絡まりやもつれが解けにくいときは、

洗い流さないタイプのトリートメントやオイルなどを使って髪の表面を滑らかにして、

髪の通りを良くしてみましょう。

濡れている・湿っている髪は丁寧に扱う

濡れている・湿っている髪は、キューティクルが開いた状態でやわらかく、非常に傷付きやすい状態です。

そのため、目の細かいブラシなどで解かすのは避けましょう。

髪が濡れている時は、目の粗いブラシで簡単に髪全体を整える程度でOKです。

また、髪を乾かすときも、ブラシを何度も通してブローするのは避けましょう。

髪の形は乾いたときに決まるため、濡れている状態でブラッシングしても、

キューティクルを傷付けることになってしまいます。

ブローするときは、髪が乾いたころにブラシを使ってください。

アウトバストリートメントを使う

アウトバストリートメントはお風呂から出たときに使う、

洗い流さないタイプのトリートメントです。

ダメージを補修してくれる物やドライヤーなどによる熱や紫外線から髪を守る物など、種類もさまざまです。

その為、髪の悩みや傷みの原因に応じて使い分けることが大切になります。

頭皮のケアも忘れずに

ツヤ髪をキープする為には、髪そのものだけでなく頭皮のケアも必要になります。

頭皮には皮脂や汚れが溜まるため、シャンプーで洗い流して常に清潔な状態を保ちましょう。

肌と同じように頭皮の角層が生まれ変わるサイクルを正常な状態に保つことで、

頭皮を良い健康で状態で保つ事ができます。

また、髪を洗う際には頭皮を優しくマッサージしながらシャンプーすることでも

頭皮をスッキリとケアすることが出来ます。

ドライヤー前にはしっかりタオルドライ

ドライヤーをする前は、あらかじめタオルでできる限り髪の水分を取っておきましょう。

長時間髪の毛を乾かすことで熱によるダメージを受けやすくなってしまうので、

できるだけ短時間で髪を乾かしてください。

そして乾かす際は、髪からドライヤーを20cmほど離した状態をキープするようにしましょう。

髪の根元に重点的にドライヤーをあてると、早く乾きやすくなります。

まとめ

日常生活の中では、すぐに髪の毛を乾かすことが出来なかったり、

うっかり、紫外線を浴びてしまったりという事はあるかもしれません。

しかしながら、髪の毛はそういったことの積み重ねで痛んでいってしまうという事が良く分かりました。

そういった意味では、毎日少しずつ髪の毛のケアを意識して過ごすことで、

ダメージの蓄積を防いでツヤ髪に近づくことが出来ます。

美髪の為に、少しづつ肌を労わってあげましょう♪

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

シワ・ほうれい線改善、最新美容!

一覧

プラセンローション 大感謝キャンペーン

関連記事

肌のバリア機能ってご存じですか?

目元のシワ、気になりませんか?

気になる毛穴、解消法!