シワ・ほうれい線改善、最新美容!  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

シワ・ほうれい線改善、最新美容!

年齢と共に現れてくるシワやほうれい線は、女性を悩ませる大きな要因ですよね、、

「このシワが無ければ、、。何とか改善できないだろうか。」

と鏡を見る度に考えてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんね。

シワやほうれい線といった敵に立ち向かうべく、

最新の改善方法について調べてみました!

シワ・ほうれい線出来る原因

まずは、シワやほうれい線が出来る原因をご紹介します。

原因を知っておき、これから出てくるシワやほうれい線を未然に防ぎましょう!

頬のたるみ

1つめの原因は「頬のたるみ」です。

人は仰向けに寝た状態の方が立っているときに比べ、

ほうれい線は目立たなくなるなります。

これは、頬のたるんだ状態がほうれい線を深めるからです。

様々な影響により、頬を支える肌のハリ感や筋力が衰えてしまうと

頬の重みが重力に勝てなくなり、頬は下へ下がります。

すると、ほうれい線が目立ってしまうのです。

また、急激な体重の増減もほうれい線の原因となります。

肌の乾燥

2つめの原因は「肌の乾燥」です。

冬にほうれい線がひどくなったり、ほうれい線の目立ち方が日によって違うという方は、

乾燥が原因の可能性があります。

肌が乾燥していると、ほうれい線のラインが深く刻まれ、

跡になって残ってしまう事となります。

これは、乾いた紙をクシャクシャに丸めると、

折り目がついて元に戻らなくなるのに似ています。

ほうれい線を防ぐには、たっぷりと肌を潤わせることが重要です。

肌の元となる栄養素の不足

頬のたるみや肌の乾燥をケアするうえで欠かせないのは、

からだの内側からのアプローチです。

肌は生まれ変わりのサイクルを繰り返しています。

新しい肌が元気に育つように、必要な栄養素を届けてあげる必要があります。

肌をつくる栄養素は「タンパク質」です。

しかし、タンパク質をとることのできるお肉でも

たくさんは食べられないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときは「プロテイン」がおススメです。

最近は、さまざまなプロテインが発売されており、

美肌やアンチエイジングの目的で飲む女性も増えています。

効果的な次世代美容法!

こちらでは、ほうれい線ケアで行われる最新の美容法をご紹介します。

HIFU(ハイフ)

ハイフは、肌に超音波を照射して熱作用を引き起こし、見た目を改善する美容治療です。

ハイフで超音波を送ると、照射された部位は熱で軽い火傷状態になって傷つきます。

一見して肌に悪いようですが、

肌はダメージを受けると傷ついた細胞を修復する作用があるのです。

ハイフが起こす程度の軽い熱であれば、熱によるダメージよりも

修復機能による肌質改善効果の方が強く作用します。

ハイフは皮膚の深いところにあるSMAS筋膜へ熱送って引き締めます。

皮膚の表層だけでなく、土台となっている下層から肌を持ちを上げるので、

根本的なリフトアップ治療になるのです。

マッサージピール(コラーゲンピール)

マッサージピールとはイタリア製のPRX-T33」という薬剤を使用し、

マッサージすることで成分を真皮にまで浸透させてコラーゲンの生成を促進する治療法です。

従来のケミカルピーリングが、

皮膚表面の不要な角質などを剥離することで美白や美肌効果を得るのとは異なり、

マッサージピールでは皮膚を剥離することなく真皮まで成分を浸透させることが可能です。

その為、皮むけや赤みといったダウンタイムが少なく、

施術直後から肌のハリやツヤを実感することができる人気の治療法です。

また、薬剤に含まれるコウジ酸の働きのおかげで、

メラニンの生成を抑制してシミやくすみの改善や美白効果も期待できます。

その他に、肌のキメを整えて、目立つ毛穴やザラつきの改善にも効果的です。

光フェイシャル

光フェイシャルは、お肌に光を照射することで肌状態の改善を促す施術です。

肌を保護するためのジェルを塗って、光を照射していきます。

肌の内部に医療用の光で刺激を与え、コラーゲンの生成を促したり、肌トラブルの原因を解消する効果があります。

施術時間は、照射にかかる時間が10分~20分程度です。

施術内容によりますが、施術直後からメイクをすることができます。

美容医療の注意点

肌の状態や体調によって受けられない場合があるため、医師にしっかり相談をすることが大切です。

<施術を受けられない可能性のある方>

・妊娠中や授乳中の方

・皮膚に強い炎症のある方や配合成分にアレルギーのある方

・2週間以内にハイドロキノンやトレチノインを使用している方

・糖尿病、心臓疾患、脳疾患、悪性腫瘍がある方

・日焼けしている方

・極度の敏感肌の方

ほうれい線に効く成分

ここまでは、美容医療についてお伝えしてきましたが、

美容皮膚科や、クリニックで施術を受けるのは抵抗があるという方は

一度、お家でのケアを見直してみるというのも良い方法かもしれません。

ここでは、ほうれい線に効く成分をご紹介します。

コラーゲン

コラーゲンは人体の組織や血管の構成要素として大切な栄養素と言われています。

また、皮膚の奥深くにある「真皮層」の90%はコラーゲンで占められています。

この真皮層の水分量によって、肌のハリやキメが左右されます。

このコラーゲンですが、紫外線やストレス、加齢などの様々な要因で体内のコラーゲンの量が低下してしまします。

コラーゲンが低下すると真皮層の水分量が低下し、ほうれい線などのしわや乾燥肌に繋がってしまいます。

そのため、食事やサプリメントでコラーゲンを摂取することが大切です。

プラセンタ

2つ目に紹介する成分はプラセンタです。

プラセンタはエイジングケアや肌質改善などの美肌作用はもちろん、

医療機関でも更年期障害や不妊症の改善などにも用いられています。

医療機関でプラセンタを処方されるときは保険適用内です。

また、2000年以上も前から中国では「紫河車(シカシャ)」と呼ばれる漢方として皇帝から重宝されていました。

最近ではプラセンタが配合されたスキンケア商品も多数出ている為、自分に合った製品を使ってみるのもおススメです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は水分との相性が良く、肌の潤いを保持するのに大切な栄養素です。

もともと体内にある成分なのですが、加齢とともに減少するので、

サプリメントや食事で摂取する必要があります。

ヒアルロン酸を含む食材は動物性ですと鳥の軟骨、鳥手羽、豚足などが挙げられます。

植物性ですと、山芋、オクラ、納豆などネバネバしている食品に含まれています。

こちらも多くのスキンケア商品が販売されているので、ぜひスキンケアに加えたい成分ですね!

まとめ

ここ数年は、美容への関心がより高まっており、

美容医療を受けるのに抵抗が無いという方も増えているかと思います。

そんな中で多くの施術が行えるからこそ、

どの施術を行うか迷ってしまうという方も多いかもしれませんね。

それぞれの施術によってメリット・デメリットがあるので、

どの施術が自分にあっているか見極めていきましょう!

また、日々のスキンケアを見直して肌環境を改善するだけでも、

肌の乾燥が改善されてほうれい線を目立ちにくくすることが出来ます。

是非、出来ることから始めてみてくださいね♪

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

【今だけ!】ピンクポアスティックにプラセン原液付いて...

一覧

ツルツル髪に保つための髪の毛ケア方法♪

関連記事

話題の成分レチノールの効果!

肌のバリア機能ってご存じですか?

目元のシワ、気になりませんか?