その悩み、季節性敏感肌が原因かも?  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

その悩み、季節性敏感肌が原因かも?

毎年、決まった時期にお肌の不調が現れるという方はいらっしゃいませんか?

私も春から夏にかけて、または秋から冬にかけて気温の変化がある時期に

肌の調子が悪くなることがよくありました。

「季節の変わり目だからしょうがない。」と今までは見過ごしてきたのですが、

調べてみると原因は「季節性敏感肌」だということが分かりました。

一体どんなものなのか、今回はご紹介したいと思います。

 

季節性敏感肌とは

季節性敏感肌の大きな特徴は、ある特定の時期に決まって肌状態が不安定になることです。

乾燥したり赤みが出たりするなどの症状が現れ、肌が敏感になっていると感じるようになります。

その原因のひとつと言われているのが、「季節性アレルゲン」です。

季節性アレルゲンを代表するものとしては、

花粉、カビ、ほこり、ハウスダスト、PM2.5 などが知られています。

それらのアレルゲンが肌に付着して炎症を起こすことで、肌に赤みが出たり

通常のスキンケアが合わなくなったりするといった敏感肌症状が出ることがあるのです。

・ある特定の時期に肌に赤みがでる

・花粉症である

・ほおや目のまわりにかさつきがでる

・外出が多い

・睡眠が不足しがち

・紫外線に弱い

・ストレスが溜まりやすい

上記に当てはまる数が多い方は、季節性敏感肌の可能性が高いです。

 

春夏秋冬それぞれの肌荒れ

春夏秋冬、肌トラブルの原因は季節によって様々、、。

どういったことが原因となっているのか、季節ごとにご紹介致します。

冬から春にかけては花粉症に悩まされる方も多い季節であり、

そこに寒暖差が激しく、気候も変わりやすい事がプラスされて

肌トラブルにさらされやすくなります。

スギやヒノキなどの花粉や、ほこりが舞って肌が汚れたり、

強くなってくる紫外線によって日焼けが気になったりと、肌は過酷な環境にさらされます。

さらに、新年度の環境の変化による疲労、ストレスなど、敏感肌の原因が多くあります。

この時期は、スキンケア製品を刺激の少ないものに変えるのがおすすめです。

ジメジメと暑く、高温多湿の日本の夏には、

イネ科の植物の花粉やカビなどのアレルゲンが発生します。

さらに夏場は紫外線がピークになり、

外では紫外線を浴びて、室内に入ればクーラーをかけることで、

常に肌が乾燥しがちになります。

この時期のスキンケアは、心地よいテクスチャーを選ぶのがおすすめです。

夏に合うさっぱりタイプの保湿ケアを重点的に行うと良いでしょう。

秋にはブタクサやヨモギなどの花粉によって皮膚炎が生じやすくなります。

秋の初めの肌は、暑い夏を過ごしてお疲れモードになっています。

夏の間浴び続けた紫外線の影響でシミ・ソバカスや、くすみが目立ったり、

紫外線を浴び続けることによって肌内部がダメージを受け、ハリのなさを感じやすくなります。

抗酸化作用とお肌にハリ・弾力を与えるエイジングケア用品を積極的に使ってみると良いでしょう。

寒さが厳しくなる冬は、植物によるアレルゲンは少ない季節ですが、

その代わりに気をつけて欲しいのが、年末の大掃除の際に出るちりやほこり、ハウスダストです。

また、乾燥しやすい時期なので乾燥を放置して敏感肌が悪化しないように、

保湿を中心に念入りなスキンケアを心掛けるようにしましょう。

 

季節性敏感肌を防ぐには

一年中、環境の変化や植物によりお肌はダメージを受けやすい状態になっています。

そんな中でどのようにしたらお肌を敏感に反応させないようにできるのでしょうか?

 

花粉対策を徹底する

外出時にはマスクや、帽子などを着用し、なるべく花粉に触れないようにすることが大切です。

デコルテも広く開けるのは夏まで待ち、スカーフなどで首元をガードしておくと良いでしょう。

 

基礎化粧品を低刺激タイプに変える

肌が弱っているときは、ちょっとした刺激にも過剰に反応しがちになります。

毎日のスキンケアアイテムも低刺激タイプに切り換え、できるだけ肌に刺激を与えないようにしましょう。

 

保湿をしっかり

肌のバリア機能を正常に保つために、洗顔後はすぐに化粧水などでうるおいをチャージしましょう。

さらにクリームを塗って肌にふたをすると、保湿力が高まり、

お肌のバリア機能もアップするため肌荒れを引き起こしにくくなります。

 

日焼け止めなどで紫外線を防ぐ

UVカットはスキンケアの基本中の基本です。

日焼け止めは季節を問わず塗るべきですが、肌が敏感に傾いているときは、

刺激の少ない「紫外線吸収剤不使用」のものを選びましょう。

帽子や日傘、ストールなどで、物理的に陽射しを遮るのも有効的です。

 

タンパク質や緑黄色野菜を積極的に摂る

栄養バランスに気を配るのはもちろん、美肌メニューを意識することで内側からも

お肌をケアすることが出来ます。

あらゆる細胞の材料となるタンパク質や、肌や粘膜の健康を保つビタミンA(緑黄色野菜に多く含有)などを

たっぷり摂ってお肌に栄養を与えましょう。

 

たっぷりの泡でやさしく洗顔

お肌についた花粉や汚れを除去することも大切です!

しかし、清潔第一とはいえ、肌をゴシゴシこすって洗うのはNGです。

洗顔料をしっかりと泡立て、手指ではなく、泡で顔をなでるようにして洗うようにしましょう。

クレンジングも刺激の多い拭き取りタイプは避け、

ミルクタイプやオイルタイプを選んだ方が無難です。

また、過度な洗顔は肌のうるおいを奪ってしまうので、朝晩2回程度にとどめてください。

 

お肌の揺らぎを感じたら

季節性敏感肌を防ぐために、しっかりケアをしていてもどうしても肌荒れが気になったり、

肌が敏感になっていると感じる時に、

これさえあれば安心できる「お助けコスメ」として私はプラセン原液を使っています。

この、ヒューマナノプラセン原液は

プラセンタエキスとして一般的に使われている馬や豚のプラセンタを使用せずに

ヒトと同じ遺伝子構造でバイオ合成されたヒト型プラセンタを使用している為、

動物性成分不使用で安全性が高く、肌に浸透しやすいのが特徴です。

ヒューマナノ プラセン原液
【ヒューマナノ】プラセン原液 | お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ (izavell.com)

私は、少しでも肌が揺らいできたと感じた時につけると

お肌のかゆみや肌荒れがスッと引いていき、翌朝肌が生き返っているのが分かります。

プラセンタに含まれる成長因子は肌を再生させる効果がありますし、

低刺激な美容液なのでゆらぎ肌には最適です!

みなさんもぜひ自分に合った「お助けコスメ」で季節性敏感肌に備えましょう。

 

 

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

あなたも「腸活」してみませんか?

一覧

今年こそ力を入れたい「温活」

関連記事

今こそ「梅」の効果を実感!

体の不調の原因となるのは「腸の冷え」?

冬の始まり、今すべき肌ケア