お肌に必要な美肌菌とは?  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

お肌に必要な美肌菌とは?

美肌に欠かせない、肌に必要な菌を意味する「美肌菌」という言葉、

美容好きな方なら、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

聞いたことはあるけれど具体的にどんな菌なのか分からないという方もいらっしゃると思います。

今回はそんな美肌菌の真相に迫っていきたいと思います。

 

そもそも美肌菌って何?

最近の研究により、すこやかな肌を保つためには角層のバリア機能と

皮膚常在菌のバランスの両方が整っていることが重要であることが明らかになってきました。

この新たな概念「皮膚常在菌のバランスを整える」ためには「菌活スキンケア」が欠かせません。

皮膚常在菌とは私たちの肌の表面にいる菌のことで、すこやかな肌を保つのに役立っています。

入浴することで、皮膚の常在菌は一時的に減少しますが、しばらくすると入浴前と同様に常在菌でおおわれます。

1cm2の肌の上には、なんと100万以上の菌が生息しているとも言われています。

 

皮膚常在菌の種類

肌には様々な種類の皮膚常在菌がいます。

その中でも代表的なものをいくつかご紹介します。

 

美肌菌

美肌菌と呼ばれるものは肌にとって、有用なことをしてくれる菌のことです。

肌のpHを弱酸性に保ったり、うるおい成分を排出したり、悪玉菌の繁殖を抑える成分を排出したりして、

肌のバリア機能を保護してくれています。

代表的なものは表皮ブドウ球菌。

皮脂を摂取し、グリセリン(保湿成分)&脂肪酸(抗菌成分)に分解することにより

悪玉菌が異常繁殖しないようにしてくれます。

 

悪玉菌

悪玉菌は増えすぎると肌にとって、有害なトラブルを引き起こす菌のことです。

数が少ない限り、トラブルにつながることはめったにありませんが、異常繁殖には注意が必要です。

代表的なものは黄色ブドウ球菌。

傷が膿む原因となる菌です。肌のバリア機能の形成を妨げ乾燥を引き起こします。

また、増殖するとアトピーやとびひなど皮膚疾患の原因になってしまいます。

 

日和見菌

日和見菌は健康な状態だと美肌菌的な働きをし、バランスが崩れ悪玉菌が増えると、悪玉菌的な働きをする菌のことです。

代表的なものはアクネ菌で、普段は保湿機能を高める役割をもっています。

しかし、ストレスなど何らかの原因で皮脂が増えると、アクネ菌の持つリパーゼという酵素が皮脂を分解し、遊離脂肪酸となります。

この遊離脂肪酸が皮膚を刺激し、毛穴をふさぐことで

好脂性・嫌気性のアクネ菌が増加してニキビとなってしまいます。

 

美肌菌の育て方

美肌菌は誰もが持っているもので、自分の肌を潤わせて守る役割を果たしてくれる天然の美容液のようなものです。

美肌菌のケアをすることで、敏感肌の方も、より美しい肌を目指すことができます。

ここでは、自分の肌の常在菌のバランスを整えるために有効な洗顔やスキンケア、生活習慣をご紹介します。

 

洗顔のポイント

第一に、顔の皮脂をきちんと落とすことが必須です。

皮脂が毛穴に詰まると無酸素状態になり、アクネ菌が増殖しすぎてしまいニキビの原因に。

アクネ菌は脂分を好むので、増えると皮膚に対してさらに皮脂の分泌を促す作用を発揮してしまい、

ますます皮脂が増えやすくなるという悪循環に。

「皮脂を適度に残すために水やお湯だけで洗う」と推奨されるケースを最近はよく見ますが、

これにより皮脂が残ってしまって肌荒れの原因となる場合も。

皮脂は洗い流してもすぐに分泌されますし、肌のバリア機能を保とうとする美肌菌も短時間で増殖します。

古い皮脂を残すほうが、酸化させてしまい、悪玉菌の増殖につながります。

ただし、洗顔後にひりひりと肌が突っ張るほどの強い力で洗ってはいけません。

低刺激設計の洗顔を選び、きちんと泡立てて丁寧にやさしく洗いましょう。

 

洗顔後のケア

美肌菌の代表格である表皮ブドウ球菌の増殖には、湿った環境(適度に肌が潤った状態)を作ることが重要です。

たっぷりの保湿が美肌菌育成に直結すると心得ましょう。

特に夏場は汗をかくせいで肌が潤っていると感じることから、保湿を怠ってしまいがちです。

しかし、そのせいで湿度が下がる秋に途端にカサつき肌になる方も多いので、

たっぷりと保湿を心がけましょう。

 

ターンオーバーを促すピーリング

角層が厚くゴワつくような肌状態ならば、ターンオーバーのスピードが落ちてしまっている可能性があるので、

隔週程度のペースでのケミカルピーリング施術を受けるのもおすすめです。

敏感肌やアトピー肌の方でも使えるピーリング剤を用いれば、

角層のいちばん上の部分だけを優しく溶かすことで表皮全体のターンオーバーを促し、

自前の水分保持成分を作り出せるようになります。

善玉菌が住みやすい潤い豊かな角層に整えることは菌活に繋がります。

 

美肌菌を育てる食事

ニキビに繋がるアクネ菌の増殖と食べ物の関係性については、相関関係があることわかっています。

「地中海式」と呼ばれる食事、すなわち、タンパク質豊富な魚、お肉、大豆などの豆類、

抗酸化物質であるビタミンA、C、Eやポリフェノール類をふんだんに含むトマト、ナス、

ズッキーニ、スイカ、キウイなどの野菜や果物をバランスよくいただくことで、

アクネ菌の過剰な増殖を抑制する効果が期待できます。

肌の水分量を高めるという観点では、セラミドやコラーゲンといった、

肌の水分貯蔵を助ける成分を身体に取り込むこともおすすめです。

これらを食べて体内に入れることで、皮膚の保湿成分の合成を促すスイッチが入り、

角層の水分量が高まることがわかっています。

セラミド入りヨーグルトやセラミド含有量が多い生芋こんにゃくを食べる、

お鍋でお肉や魚のコラーゲンを摂ることは、間接的に美肌菌の増殖に役立ちます。

 

まとめ

肌を綺麗でイキイキとした状態に保つためには、美肌菌の存在が大きく影響しているんですね!

自分の肌に合った化粧品でケアすることはもちろん大切ですが、

元々自分の肌にいる美肌菌を育てることで、素肌から美しくなれたらとっても嬉しいですよね!

今回ご紹介した方法で美肌菌を増やせるように心掛けてみてはいかがでしょうか?

私も美肌菌を増やす努力をしてみようと思います!!

 

この記事を書いた人

About

谷

美容大好きで今まで自己流で探求を続けてきましたが、
美容業界に入ったからには
根拠に基づいた美容法を追求していきたいと思い、
日々アンテナを張り続けています。
皆様の為になる情報を発信していきたいです。

【美容コラムを更新しました】ヘッドスパの効果は髪だけ...

一覧

夏季休暇のお知らせ

関連記事

あなたも「腸活」してみませんか?

猫背

夏のヘアケア どうすればいい?