シワについて  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

シワについて

寒くなってきて乾燥が気になり始める季節がやってきました。

私は写真を撮ると目じりにちりめんジワや、メイクよれが目立つようになってきています。

最初はマスクによる化粧のヨレかな?と思っていたのですが、よくよく鏡をみると、「シワ」でした。年齢には逆らえません。でも正しいケアによって最小限に抑えれます!

という事で、今回はシワに関して調べてみました。

 

シワの種類

3つのシワ

 

①表皮ジワ(小ジワ)

表皮ジワとは、目尻や口元にできる浅くて細かいシワです。

メイクのよれやファンデーションを塗ってる箇所の割れで気付くことも多いのではないでしょうか。

【特徴】

・乾燥による肌のきめ、乱れが原因の細かいシワ

・目じりや口元の皮膚の薄い部分にできやすいシワ

・小じわやちりめんジワといわれるシワ

【原因】

・表皮ジワの主な原因は乾燥です。水分不足によって皮膚に線状の細かいミゾができてしまいシワになります。

・間違ったスキンケアも表皮ジワの原因になります。

 

お肌の水分量は40%~50%が理想とされています。ちなみに赤ちゃんのお肌は水分量50%だそうです。

水分量は年齢と共に低下します。
その原因がヒアルロン酸の減少です。ヒアルロン酸はお肌の水分を保つ働きもあり、ヒアルロン酸が減少してしまうと水分が保たれにくくなりシワはもちろんですがハリもなくなってしまいます。

 

②真皮ジワ(大ジワ)

真皮ジワとは面積の広いまぶたやほうれいせんにできる深い大きなシワになります。

【特徴】

・目の下や口回りにできやすいシワ

・ほうれい線などの深いシワ

・老け顔の原因になる顔の目立つパーツにできるシワ

 

【原因】

・お肌の老化

・皮膚のたるみ

・紫外線

お肌のハリや弾力を生み出す線維芽細胞が加齢や紫外線のダメージの蓄積で劣化し、皮膚に深いシワができてしまいます。

 

③表情シワ

 

【特徴】

・表情のくせによるシワの定着

・おでこや眉間の盾ジワ

・しかめっ面や怒り顔などの原因になる目立つシワ

 

【原因】

・表情のくせ

・スマホの長時間使用

表情を作る際に使われるのが、「表情筋」といわれるお顔の筋肉です。過度に力をいれてしまうと筋肉がこわばってしまい、その部分に癖が定着してシワになってしまいます。

スマホも表情ジワの原因になります。スマホを見る際に長時間うつむいていることで下方向の重力がかかり、あごのラインや頬のたるみの原因にもなります。すると、ほうれい線や首のシワの発生に繋がります。
また、液晶の見すぎによる眼精疲労で目の周りの筋肉が緊張してしまうため、目元のシワを生んでしまう原因にも。スマホの使い過ぎは、シワ以外にも多くの悪影響を及ぼしてしまうため注意が必要です。

 

シワ別効果的な成分&ケア

①表皮ジワ

細かいシワには乾燥をふせいでしっかり保湿をしましょう。

おすすめ高保湿成分

1、セラミド

2、ヒアルロン酸

3、コラーゲン

ヒト型セラミドや、ヒト型ヒアルロン酸、ヒト型コラーゲンは肌馴染みもよく保湿力が高いです。

 

②真皮ジワ

深いシワには線維芽細胞の生成を促しハリを与えましょう。

おすすめハリ成分

・レチノール

・ナイアシンアミド

・ビタミンC誘導体

 

③表情ジワ

表情の癖の改善をしましょう。

いつも眉間にしわを寄せてしまいますと、眉間に深い表情ジワが付いてします。

でも癖などはむずかしいですよね。

そこでおすすめなのが、表情筋を鍛えるエクササイズやマッサージとスマホの長時間使用をストップすることです。

 

シワ予防のための3つの基礎

 

摩擦や刺激によってシワだけではなくシミなどの原因にもつながってきます。

 

スキンケア編

1、シャワーを直接顔に当てないこと。(私は、ガンガン当ててました…)

2、クレンジングのごしごし洗いはNG
メイク落としシートは摩擦が起きてしまうので、洗い流すタイプのクレンジングがおすすめです。ミルククレンジングやクリームクレンジングがおすすめです。

3、洗顔は泡立てて優しく洗う。

4、スキンケアはとにかくやさしく。

5、紫外線は絶対NGです。冬でも、雨や曇りでも年中日焼け対策をしましょう。

 

生活習慣編

1、睡眠

ゴールデンタイムってよく聞きますよね。22時~2時ごろといわれていますが、なぜ睡眠が大事なのか?
眠り始めてから3時間は肌が生まれ変わるための成長ホルモンが多く分泌されます。

お肌のターンオーバーは寝ている間に行われます。この間にお肌のコラーゲンなども生成されるのです。

美肌には、睡眠はとても重要になります!

 

食事編

いくら高品質なスキンケアをつかっていても、外側だけではなく内側からも改善が必要です。

抗酸化作用の強い食事をこころがけましょう。抗酸化作用の強い食事を心がけることで酸化を防止してシワの進行を抑えましょう。

・おすすめ食材

ビタミンA  …にんじん、うなぎ、レバー等

ビタミンC  …ブロッコリー、レモン、いちごなど

ビタミンE  …アーモンド、ツナ缶、モロヘイヤ、かぼちゃなど

インスタントラーメンや、加工食品、揚げ物などは酸化を促してしますので控えましょう!

 

 

まとめ

シワが原因でシミやタルミの問題もつながってきます。基本的なケアや季節や年齢に応じたスキンケアをきちんとすることで、お肌のトラブルは少なからず回避できます!

私は乾燥肌なので、乾燥によるニキビで悩まされていましたが、スキンケアにオイルを使うようになって改善しました。元々ココナッツオイルが好きだったのですが、今は無印のホホバオイルを使ってます。毛穴も目立たなくなって本当におすすめです!

また、規則正しい睡眠や食事を心がけることで、健康的な毎日やダイエットにもつながるので一石二鳥です。

でも分かってはいるのですが、なかなか毎日するのは難しいので、私は4週回だけ食事は気を付けてあとは自由にしています…(笑)本当はあまりよくないのですが、休日前は夜更かし&暴飲暴食をして夕方まで寝てしまう事よくあります。

でも何より良くないことは、ストレスだと思っています。ストレスによって、活性酸素が発生してしまいシワなどの体・心にもよくありません。自分のできる範囲でご褒美をつくりながら健康的なお肌を目指しましょう!

この記事を書いた人

About

夏

美容業界5年生です。
30歳を過ぎてから今までになかった色々なお肌トラブルや体の不調が始まりました…
そんなお悩みの『なぜ?』『どうしたらいいの?』といった原因から対策を皆様に少しでもお届けできればうれしいです♪

[美容コラム更新]朝起きても疲れが取れない人必見!眠...

一覧

[美容コラム更新]シワについて

関連記事

女性の美容・健康とホルモンバランス

美容と健康の指標ーお通じの話ー

朝起きても疲れが取れない人必見!眠りの質を高めるヒン...