蔵元の雫  |  お悩み専門イザヴェル公式オンラインショップ

  • TOP
  • 蔵元の雫

杜氏の手は白いを
ヒントに開発

蔵元の雫の誕生のきっかけはお客様の声でした。
「ぼこっとした古い角質のようなシミをなんとかしたい!」というご相談をうけて、私たちは美白だけではなく、古い角質もケアできる成分がないかと研究をはじめ、出会ったのが180年以上の歴史をもつ京都の老舗酒蔵[都鶴]の酒粕エキスです。

Story behind the development of the KURAMOTO-NO-SHIZUKU

蔵元の雫の開発ストーリー

STORY.01

手の甲に変化が

「3年前、急遽家業の酒蔵を継ぐことになったのです。」そう語るのは京都で180年以上の歴史を持つ老舗酒蔵「都鶴」の社長。

酒蔵を継ぐ前は会社員として働き、ゴルフや登山、釣りなどのアウトドアを日焼けなど全く気にせずに楽しんでいたことで、全身真っ黒になるほどだったそう。しかし、酒蔵で働いているうちに自身の手がどんどん綺麗になっていることに気づいたのだとか。

「長年、手の甲に大きなものがあったのですが、杜氏として仕込みを行うあいだに、たった3年で気が付くと手が見違えるように綺麗になり、周りにも驚かれることが多くなりました。そんな時に化粧品化の話があがり、是非、皆様にこの効果を実感して頂きたいと思い製品化にのぞみました。」
都鶴の杜氏

STORY.02

美容成分が贅沢に配合された酒粕

酒粕は、米と麹(こうじ)からなる発酵物の一種です。通常の酒粕は、米の成分を大部分を分解して酒に転換します。ところが、大吟醸は、米の成分を通常の酒粕を多く残した形で酒にします。つまり、大吟醸の酒粕には、通常以上に「中間生成物」がつまっているのです。米が酒になるまでには、多くの酵素や生物活性のあるエネルギー物質が生まれます。それらを多く残した大吟醸の酒粕をエキス化する事にしました。

酒粕エキスで肌を美しく

STORY.03

こだわりの原料でつくる老舗酒造「都鶴」

都鶴は、天保11年(1840)に発行された「江戸積銘酒大寄為御覧表」という、今で言う人気ランキング番付表にも掲載されている老舗酒造です。
都鶴の酒は「祝米」とよばれるデリケートで大量生産が難しい幻の米と京都の酵母「京の花酵母」、さらに京都の地下に湧く「伏水」とよばれる、やわらかく上質な地下水を使用しています。この3つのこだわりの素材を使った1年に1度しか作られない非常に貴重なお酒なのです。

COMPARISON CHART

製品効能比較

お悩みから探す

Find Worries